即日融資と即日審査の違い

すぐにお金が必要になり、銀行カードローンのホームページで即日融資が可能なカードローンを探していると「即日融資可能」と書かれている銀行や「即日審査可能」と書かれている場合があります。
どうしても今日明日中に即日融資で借りたいとき、「即日」という文字だけを見て申込をすると即日融資が受けられないこともあるので注意が必要です。

 

「即日融資は申込をした日にお金が借りられる」

即日融資は申込をしたその日にお金が借りられるというサービスで、大手消費者金融なら指定時間までに契約や振込手続きが完了していれば即日融資でお金が借りられます。
銀行カードローンでも即日融資が可能なカードローンもあり、申込をすればすぐに借りられるということから人気があります。

 

無人契約機が設置されている銀行カードローンなら時間内に契約ができていなくても即日融資でお金が借りられます。

 

「即日審査は即実融資と大きく違う」

それに対して即日審査と書かれている場合は、最短で「申込をしたその日に審査がおこなわれる」ということで審査がおこなわれるだけです。
何故こういうことを書いているのかといえば、銀行でお金を借りるときは、審査に時間がかかるので、審査結果が出るまでに数日が必要になります。

 

わざわざ「即日審査可能」と書いてあるのは、これまでと違ってスピード審査ができるということをアピールしているわけです。
仮に当日中に審査回答があっても、すぐに融資されるということではありません。

 

審査結果が当日中にあったとしても、その後の手続きが契約書が郵送で送られてきて、契約書に必要事項を記入し、書類を返送して初めて本審査がおこなわれ、本審査が終了すればカードが送られてくるといった流れになりますので、早くても1週間程度は必要になります。

 

また、即日融資が可能な銀行カードローンでも、即日融資で借りるには申込先の銀行に口座があることが条件のところもあります。
口座開設をするまでの時間を含めるとやはりそれ相応の時間がかかってしまうので「即日融資」も限定されます。
いずれにせよ、あわてて申込をすれば申込をしたけれど当日に借りられなかったということもあるので事前によく調べてから申込みましょう。

 

最近の審査はインターネットから申込をすれば24時間いつでも申込ができます。
事前にお金が必要になるとわかっていれば、前日の夜でも申込を済ませておけば翌日には早めに審査が受けられるので当日申込はできるだけ避けて、余裕を持って申込することをおすすめします。
参考サイト:カードローン比較完全マニュアル|失敗しないカードローンの選び方とは?

保証会社の保証が得られるかたとは

銀行カードローンの申込条件に「当行指定の保証会社の保証が得られるかた」という一文が書かれています。
これはどういう事かと言えば、銀行カードローンの審査は保証会社の審査にも通る必要があるということで、同じグループ内の消費者金融やクレジット会社などが保証会社となっています。

カードローン 保証会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシュマーファイナンス(株)
ジャパンネット銀行カードローン SMBCコンシュマーファイナンス(株)
三菱東京UFJ銀行カードローン アコム(株)
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット(株)
みずほ銀行カードローン 株オリエントコーポレーション

 

「銀行カードローンと保証会社の関係」

消費者金融は貸金業法の改正以降、グレーゾーン金利返還訴訟や過払い金請求によって大きな打撃受け、それまで1万4千社あった消費者金融は、これらの訴訟で倒産に追い込まれ、現在は約2200社まで激減しました。

 

銀行は大手企業へ貸すことで利益をあげていましたが、長引く不況から設備投資などを控えるようになり、大手企業への融資で利益が得られなくなり、当時莫大な利益をあげていた消費者金融を見て、小口金融に軸足を置きたいと考えます。
しかし、それには多大な投資が必要になるので、消費者金融と提携できればその費用をかけなくて済むと考え、消費者金融は銀行と提携すればその豊富な資金が利用できると考えます。
こうしたお互いのおもいが一致したことから、消費者金融は銀行グループと提携し共存するようになりました。

 

「保証会社のやくめ」

保証会社の保証が受けるということは、申込者にお金を貸すときは、そのノウハウやシステムで審査をおこなうので、これまで小口融資に不得手だった銀行も保証会社が保証することで融資をするようになりました。
また保証会社の役目はそれだけでなく、利用者が返済で滞納したときは保証会社が利用者に代わって銀行に代位弁済します。
銀行は、消費者金融が代位弁済をしてくれるので、損害はありません。
そうなると、債権は銀行から保証会社に代わるので、それ以後の請求は保証会社がおこなうことになります。
そのため銀行はカードローンの申込窓口だけになり、審査や債権処理は保証会社が担うということになります。

 

「銀行カードローンのメリット」

このように銀行と保証会社は一体のようですが、銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、年収に関係なく融資が受けられたり、低金利で利用できるのは銀行カードローンの魅力です。
長期で高額融資を希望するかたは銀行カードローンがおすすめですし、現在複数社から借入をしているかたは、銀行カードローンでまとめると金利を下げられます。
また、収入のない専業主婦のかたでも主婦専用の商品が用意されている銀行カードローンがありますので、消費者金融でキャッシングが難しい主婦でも安心してキャッシングが始められます。